リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理

スーツ姿の女性

オーナーになる上での覚悟

住宅街

空室は代表的天敵

マンション経営における最もポピュラーなリスクといえば一定期間における空室が挙げられるのですが、このリスクについての特徴はこのような感じです。不動産は基本的にミドルリスク・ミドルリターンと言われているのですが、一度取得をすると資産として、お金を生み続ける不労所得商品です。取得をしてしまえば自分のものですので、誰かが使いたいという場合は借りるための賃金を支払う必要があるのですが、これが家賃です。ただこれは人が物件に住んでいることが前提ですので、誰もいない空室状態であれば賃金は発生しないのです。マンション経営オーナーは出来るだけ空室を出さない工夫をする必要があるのですが、実際に住居人を招聘する役割を持つのは不動産業者です。ですのでオーナーとしては魅力的な物件を保つことが求められるのです。

成功はオーナーの工夫次第

マンション経営における成功はオーナーの努力によるところが大きいです。というのも不動産業者は物件を常に公開してくれているので、訪問営業という形が取れない不動産業者の活動範囲には限界があるのです。しかも他にもたくさんの物件を扱っているので、あとはその中から入居希望者が出るかどうかは、物件そのものの価値ということです。もちろん空室リスクを抑えたいという気持ちは誰でも持っているはずなので、部屋のメンテナンスや不動産業者への指導をする必要があります。しかし他のマンション経営オーナーがしないことを実践することで、入居率が上がるのも事実です。他の方がしないことは、不動産広告そのものや原稿を自身で作成したり、物件のリフォームを頻繁に敢行するといったものです。もちろん時間的リスクやコストといった問題もありますが、資産を生かすための投資という考えもアリです。

Copyright© 2016 リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理 All Rights Reserved.