リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理

スーツ姿の女性

悩みを減らす強い味方

室内

滞納をなくすための対策

マンション経営においてオーナーが心配する事といえば滞納リスクです。住んでいる入居者が個人的な事情により家賃を納められなくなった場合に発生する滞納ですが、何も対策をしないとこういったリスクに悩まされることとなるのです。この滞納に対する最も人気の対策といえば、家賃保証システムです。これは仮に入居者が家賃を滞納することになっても、事前に契約してある家賃保証の会社が代わりに立て替えるというものです。これを利用することで家賃が急に滞るという心配が減るので、家賃納期に神経質になる必要がなくなるのです。さらにこの家賃保証が人気の理由としては、滞納に関する催促をする手間が極端に少なくなるということで、基本的には家賃保証の会社がしてくれるのです。

家賃保証の特徴

家賃保証は基本的にマンション経営をしているオーナー側が契約するものなので、入居者側が負担するケースは稀です。つまり物件を比較している段階で家賃と諸費用に関して、他よりも割高になることがなくなるので、他の物件との価格競争で後れを取ることがなくなるのです。そしてオーナーとしては入居者と個人との付き合いになるので、感情に訴えられた場合に折れてしまうこともあるでしょうが、家賃保証会社の場合は法人として、会社経営における負債を抱えないようにするために頑張ってくれるのです。マンション経営をしているオーナーにとってはこれほど心強いものはなく、大きなリスクを低予算で引き受けてくれるのです。マンション経営におけるリスクを、レバレッジを利かせて先行投資をするといった感じ良いでしょう。

Copyright© 2016 リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理 All Rights Reserved.