リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理

スーツ姿の女性

不動産における金利の影響

貯金箱

金利を把握することの意味

マンション経営におけるリスクには金利という要因もあるのですが、もちろん不動産もモノですので、金利によって価値が変動するのです。これは経済を常にチェックしている方であれば対策もしやすいのですが、そうでない方であっても周りの動きに気づくことは可能です。金利上昇リスクは自身だけでなく、周りにいる国内全体のリスクとなるので、基本的な条件はほとんど変わらないです。むしろ物件を探している方の数が一緒であれば、一時的に収入コストを上げられるというメリットもあるので、決してマイナス要因だけではないのです。特にこれからマンション経営を始めようとする方にとって注意するべき点であって、すでに保有している方であれば、家賃の値上げや売却益の上昇などプラス要因もあるのです。

金利の上昇に対する準備

マンション経営をする前段階で、この金利上昇のリスクについては準備をする必要があるのです。具体的には物件を手に入れてからの金利に影響を受けないようにすることです。基本的には不動産を取得する際にはローンを組むことが一般的ですが、これには2種類の方法があるのです。まずは変動金利のローンの組み方ですが、これは金利が低くなったときにはお得になるのですが、反対の場合には損をすることになるのです。もうひとつは固定金利でのローンの組み方ですが、これはローンを組んだ時の金利のままで支払うこととなるのです。この場合には金利の上昇があっても影響を受けないので、予想外の支出を抑えることができるのです。マンション経営はこういった社会経済についても影響を受けるのです。

Copyright© 2016 リスクを考えるマンション経営|魅力的な不動産投資と経営管理 All Rights Reserved.